庭木を剪定した枝の処分について。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

庭木の剪定は何とか出来るが切ったその枝の処分がな~。これがなかなか大変。自宅で焼くこともできないので処分に悩む人が多いのではないだろうか。

業者に依頼すると結構なお金がかかるし何とか自力で処分したいもの。そこで、地域行政のごみ焼却施設に問い合わせたところ

枝の直径10cm以内
長さ1m以内
であれば軽トラック1台分まで持ち込み可能
と言うこと。
これ以上になると焼却炉の機械に詰まってしまうらしい。

また地域指定の可燃物ごみ袋に小さく切って入れ指定の曜日に出す。

と言うことだ。

軽トラックは持っていないので、乗用車プリウスの後部シートの背もたれを倒し積み込む。ビニールシートで養生をし、枝の直径10cm以内、長さ1m以内に切りそろえるが当然枝には小枝もあるし葉っぱもある。大きい幹の直径が10cm以内であれば枝は小さいのでok。少しずつ丁寧に重ねながら積み込み地域行政のごみ焼却施設に持ち込んだ。受け付けの軽量で剪定した枝木ですと告げ受付をパス。可燃物焼却炉の投入口にバックで付けビニールシートごと放り込む。ビニールシートはまた使うので引き上げる。
意外とすんなり処分出来た。あとは処分費を帰りに支払う。100円。

以上、庭木の剪定した枝木の処分について覚書。


 ランキング参加中。クリックお願い。