ハーブを育てるにあたって、育て始めたきっかけ2016年。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

7月長男夫婦に孫が出来、もうすぐ1歳を迎える、やがて動き回るであろうので清々しい環境で育ってくれたらいいな。
か弱い肌が虫に喰われないような環境にしてあげないと。
よたよたと庭を走り回る姿を思い描くと爽やかな庭で木々の緑あふれる中で育ってほしいな。

自分も小さい頃は林や森で遊び枝木がざわつくあの不思議な雰囲気がとても好きだった。今でもその森の中にいるといろんな雑念が祓われ落ち着く。

こんなところか。

爺の孫への恩情やら自分の押し付けとか。なので特にハーブでなくてもよかったのだがまずは虫が寄り付かない植物を調べているとハーブに行き着いた。
そこで一念発起。工業系で過ごしてきた自分が植物を育てるなど思いもよらなったがまずは取り掛かるために近くのホームセンターへ行く。

購入目的は
虫よけにもなって大好きなパスタに合うバジル。
虫よけにもなって大好きなパスタに合う名前も優雅なイタリアンパセリ。
初めて聞くレモンバーム。
チューンガムの匂いのスペアミント。
小学校のころからTV番組で気になっていたタイムトラベルするラベンダー。

ところが種もなければ苗もない。家に帰って調べると真夏を避けると種まきに植え付けは可能なはず。なぜ無い。よくよく考えるとこの地方、近所にハーブを育てている家など聞いたこともないし、見たこともない。そこで通販だ。
スイートバジルの種
イタリアンパセリの種
をAmazonで購入
スペアミントとレモンバームとラベンダーは近くのサングリーンと言うお店にあったので適当に購入。種類がいくつかあったがよくわからないので適当に。土は鉢に残っていたさらさらした土に庭先の石がまざった乾いた土をまぜて種の袋の「蒔き方」を見ながら種まき。苗は少し穴を掘り水をいれ植え付けた。

harb1.jpg

というわけで玄関先、最初に手掛けたお袋が使っていた適当な鉢に育ったハーブたち。雑であるが今みるとなぜか楽しい。寄り付く虫が減ったかというと全くわからない。とにかくハーブの育ち具合が気に合って仕方がなかった。そのときだけ育ちを確かめるとにだけ気が休まる思いがしたのを覚えている。

なんのことはない自分の安らぎの為だったのだ。


 ランキング参加中。クリックお願い。